鬼嫁・ダメ主婦・元店員・・・ですが何か?
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 梅干しと日本刀。
2017年08月02日 (水) | 編集 |
一昨日だったと思うんですけど
BSの何かの番組で「梅干しと日本刀/樋口清之 (著) 」という本がチラリと紹介されました。
紹介されていた方曰く、「経営に携わる方にはぜひ一度は読んでほしい本」とのこと。

経営とはまったく無縁のおよめっちなのですが、番組内でちょっと見えた目次に興味が・・・

■関東の防風林は、なぜケヤキなのか?
■“征服”でなく“順応”するのが日本人の知恵
■一千分の一しか狂いのない伊能忠敬の日本地図
■地震があっても城の石垣が崩れない秘密
■何でも食べる悪食世界一の日本人
■米偏重が生んだ日本人の食生活の知恵
■サンマのはらわたは、なぜ貴重なのか?
■なぜ、日本の城郭だけが水で囲まれているのか
■古代人が絶対に住まなかった谷口扇状地
■平安時代に水虫はなかった
■十二単は贅沢から生まれたのではない
■飢饉用の食料として植えられた彼岸花


などなど、日本人の昔からの合理的生活や鋭い観察力による自然順応の知恵と独創性などが事例をあげて書かれているようです。
ちなみに「続・梅干しと日本刀」という続編も出版されていて、こちらには

■家康の綿密な計画で造られた江戸
■完璧ともいえる五街道の守り
■江戸前とは皇居前の蒲焼きのこと
■サイフォンの原理で、水は江戸城内に達していた
■防火帯として銀杏や青桐を植えた庶民の知恵
■元禄時代、すでに江戸の人口は世界一だった
■江戸時代は完全な女尊男卑の社会
■遠山金四郎は、知事、警視総監、裁判所長の三役
■日本には、共同体を支配する共同体は存在しない
■なにが裏長屋の人情を育てたのか
■魂の再生産のために酒を飲んだ
■「一杯やる」と、仲良くなれる日本人
■おかずを隣りの家に分けるという、美しい日本の風習の精神
■西洋人には理解できない“お流れ頂戴”
■日本の企業は家族意識を基盤としている
■「だまされるほうが悪い」という言葉は日本にはない
■無銭旅行者の巡礼を迎える日本人のやさしさ
■米を炊くのは日本人だけ
■江戸時代すでに、米を九六種類も品種改良した
■きびしい年貢が農業技術を進歩させた
■日本人の無頓着さがスキヤキを生んだ
■「神前結婚、仏式埋葬」は矛盾ではない
■日本の宗教に共通する“先祖供養”



なんというかとても某「今でしょ!」先生好みな感じwww
朝礼ネタブレーンとしてはぜひ手に入れてみたくなりました。

さ~てポチっとな・・・っと(笑)
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。