鬼嫁・ダメ主婦・元店員・・・ですが何か?
 その日は来るのか。
2017年07月23日 (日) | 編集 |
どうも、およめっちです。

いやだいやだと毎日ぶーたれつつ、セルフドナドナ状態で職場に通うこと2年。
今までいろいろな職場を経験してきましたが、たいていどの職場も職種も、おおよそ1年あればそれなりに好きになってきたものですが、どういうわけか今の仕事は2年たった今でもキライです。

いや、たしかに職場(お店)には恵まれている方だとは思うんですよ。
気分にムラがありまくりなオバサマとか、いつも誰かしらの文句をおよめっちにこぼす・・・というか垂れ流すオバサマとか多少めんどくさい点はあるけども、意地悪なお局がいるわけではないし、レジに入ってしまえば所詮一人だし。
出勤・退勤時の着替えで一緒になる他部門のオバサマ方ともそこそこ良好な関係を構築できていると思っているので、人間関係でどうのこうのというのはほぼないのですが・・・。

やっぱり根本的に接客が向いてないというか、根っからの人間嫌いなんだなぁと再認識。
P店の頃はそれでも何気に楽しかったんですけどねぇ。
ぶっちゃけ、P店の客=いわゆるパチンカスよりも、スーパーの汚客のほうがよほどタチ悪いと思うよ、うん。

接客って、相手は一人ひとり違う個人だからめんどくさいんですよね。
どんなにマニュアルを整備したところで、それがすべてのお客様に対しての万能解にはならない。
マニュアルを守って応対しても、それをイヤだとか不愉快だとマニュアル接客にクレームつけてくる客なんてゴマンといるわけで。
で、そういう時どうするのかというと、基本的にお客様の言い分には逆らわないという間違った「お客様は神様」精神が蔓延っているのが今の日本でして、まぁほぼマニュアル無視した特別待遇を上から指示されるわけですよ。

「お客様に応じて臨機応変に」

とかなんとかそれらしい枕詞つけて。
なんのためのマニュアルだっつーの!って思うわけですよ。
レジ打ちなんて真っ先にAIに取って代わられると言われる職種なわけで、いわば機械みたいなもんじゃないですか。

機械がぁ いちいち相手に合わせて臨機応変に対応しますかぁ?(ブルゾン風に)


・・・・・・あぁいけない。
今日は愚痴るまいと思いながらPCに向かったはずなのに、結局こうなる。

いつか、ウチの気分ムラのオバサマのように「この仕事、天職だと思ってるから~。もう毎日楽しくって仕方ない!」って思える日は来るんでしょうかねぇ。
 



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する