鬼嫁・ダメ主婦・元店員・・・ですが何か?
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 ウイルスをもてなす女。
2015年12月22日 (火) | 編集 |
先日、パート先の健康診断&インフルエンザ予防接種を受けました。
今年の予防接種は前年までの3種類と違い、4種類のウイルスに対応しているそうで。
そのせいなのか、ただ単に接種担当者が下手くそなのか、接種を受けた従業員はほぼ全員が副反応(赤く腫れる・痛みがある・痒くなる・熱を持つ)ありという状態でした。
皆、接種部位周囲が半径5cmくらいぷっくりと腫れて、見ただけで痒そうでした。

そんな中、ちょっと押せば痛いかも?程度の副反応しか出なかったのがこの私。
周囲が皆「去年より痒い」だの「今までより痛い」だのブーブー言いながらお互いの接種部分を見せ合う中で、見た目まったく無反応なおよめっちの腕を見て先輩チェッカー達が放った一言。

「およめっちさん、ウイルス吸収しちゃったんじゃないのwww」
「およめっちウイルス最強伝説www」


・・・・・・なんだよその 毒を以て毒を制す 的な扱い。。。
違います。
ただ単に、およめっちの免疫力が低下してるだけです。
決して副反応がないことが良いわけではないのです。
たぶん、私の免疫細胞たちは侵入してきたウイルスに座布団出してお茶出して、仲良く語らってるんでしょうよ。
あるいは主によく似た怠け者で、「どーぞどーぞお通り下さい」状態なんでしょう。
このおよめっちの反応を心配してくれたのは、サブチーフの旦那様(従業員ではない)だけでした。

「それってむしろマズイんじゃないのって、ウチの旦那が心配してたよー。」(by:サブチーフ)
およめっちの無反応っぷりを旦那様に話したら、そう言われたそうです。
旦那様、ご心配ありがとうございます。

・・・と心の中で感謝すると同時に、やっぱり女性より男性の方が頭いいんだな~と思った瞬間でした。
 


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。