鬼嫁・ダメ主婦・元店員・・・ですが何か?
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 飽食の時代、飽食の国で。
2015年07月07日 (火) | 編集 |
仕事を初めて一週間。
覚えること多すぎだし意外と肉体労働で体はキツイしで、想像と現実とのギャップに体も心も頭もついて行けず、毎日ものすごい葛藤とストレスにさいなまれながらも出勤を続けております。
既に、一人でレジに放り込まれております(初心者マークつけてw)。

そんなおよめっちですが、一応火曜日と土曜日は公休日。
というわけで今日は公休だったのですが、勤務先から「雇用時健康診断」なるものを受けてくるように言われていたので、行ってまいりました。

健康診断のスタートは「尿検査」から。
これはどこもほぼ同じですね。
指示通りに尿を採って、お医者様の問診・聴診を受けて、次の検査(聴覚・視力・胸部X線ほか)まで待合室で待っていると・・・

「およめっちさん、すみません!もう一度診察室入ってもらっていいですか?」

と、看護師さんがやや慌て気味に呼びに来た。
何事ぞ?と思いつつ言われるままに再びお医者様の前へ。。。

お医者様「およめっちさん、もしかして今・・・」
およめっち「はい?(何?妊娠はしてませんよ?問診票にもそう書いたでしょ?)」

お医者様「・・・すっごく疲れてます?」
およめっち「はい、すっごく(笑)」

思わず笑ってしまいました。
なんでも、尿ウロビリノゲン・尿中ケトン体・尿比重・尿pHに通常ではアリエナイ数字が出ていたとか。
お医者様曰く、例えるなら「一日飲まず食わずで山に登って、一晩かけて山を下りてきた」くらいの疲労状態であることが一目瞭然な数値なんだそうで。。。
ま、確かに今朝は健診があるので朝食抜いたけど、昨夜は結構食べたんですけどねぇ。。。

お医者様「一言で言うと、『飢餓状態』ですよ。栄養も、水分も、睡眠もまったく足りてない。」

え~と。。。ユ●セフや赤●字からは何の支援物資も頂いておりませんがwww


気が付けば、いつの間にかお医者様の後ろで看護師さんが二人、ものすごく心配そうにおよめっちを見てました。

お医者様「糖や蛋白は正常なので、健康診断書には『異常なし』と書くしかないのですが、よく食べてよく寝て、くれぐれもお体を大切にされてくださいね」
およめっち「・・・はい、ありがとうございます(;^_^A)」

その後、他の検査中にも看護師さんから「お仕事、大変なんですね・・・・・・」と、ものすごく心配されてしまった(;´∀`)

結局その他の検査では心電図は至って正常、胸部X線では「ものすごくキレイな肺」とまで言われ、「就労に問題なし」という診断書をいただきました。
本音を言えば、「就労に問題アリ」だったら良かったのに。。。(ぇ


まぁね、なんとなく心当たりはあるんですよ。
7.5時間のシフトでだいたい3~4時間経ったあたりで60分の休憩。
それ以外には数分の休憩もなく、立ちっぱなし動きっぱなし喋りっぱなし状態なので、正直かなりキテます。
レジ入っちゃうとトイレもままならない(正確にはトイレには行けるんだけど、行ってる間に客列ができてしまうと他部門から応援を呼ばなくてはならなくなるので迷惑がかかる)ので、なるべくお腹は空っぽにしておくようにしてたんです。
出勤前には食事しないし、休憩中もスポーツドリンクで水分補給(250mlくらい)するだけで食事しないし。
だから、結果的に一日一食(帰宅してからの夕飯のみ)だったんですよね。
主婦ニートの間はそれでも良かったんだけど、さすがに往復40分を徒歩通勤&仕事しながら一日一食は無茶だったかwww
しょうがない、休憩中には何か食べるようにするか。

・・・ってことで、カロリーメイトだのSOY JOYだの系と紙パックの野菜ジュースを買いこんで帰ってまいりました。
だって当たり前に弁当とか食べちゃうと、緊張と相まってお腹が壊れる可能性大なんだもん。。。
これくらいしか食べられないよ。(あんまりお腹すかないし)

まさか21世紀の日本で、自分が「飢餓状態」って言われるとは思わなかったです。はい。
  


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。