鬼嫁・ダメ主婦・元店員・・・ですが何か?
 スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 梅干しと日本刀。
2017年08月02日 (水) | 編集 |
一昨日だったと思うんですけど
BSの何かの番組で「梅干しと日本刀/樋口清之 (著) 」という本がチラリと紹介されました。
紹介されていた方曰く、「経営に携わる方にはぜひ一度は読んでほしい本」とのこと。

経営とはまったく無縁のおよめっちなのですが、番組内でちょっと見えた目次に興味が・・・

■関東の防風林は、なぜケヤキなのか?
■“征服”でなく“順応”するのが日本人の知恵
■一千分の一しか狂いのない伊能忠敬の日本地図
■地震があっても城の石垣が崩れない秘密
■何でも食べる悪食世界一の日本人
■米偏重が生んだ日本人の食生活の知恵
■サンマのはらわたは、なぜ貴重なのか?
■なぜ、日本の城郭だけが水で囲まれているのか
■古代人が絶対に住まなかった谷口扇状地
■平安時代に水虫はなかった
■十二単は贅沢から生まれたのではない
■飢饉用の食料として植えられた彼岸花


などなど、日本人の昔からの合理的生活や鋭い観察力による自然順応の知恵と独創性などが事例をあげて書かれているようです。
ちなみに「続・梅干しと日本刀」という続編も出版されていて、こちらには

■家康の綿密な計画で造られた江戸
■完璧ともいえる五街道の守り
■江戸前とは皇居前の蒲焼きのこと
■サイフォンの原理で、水は江戸城内に達していた
■防火帯として銀杏や青桐を植えた庶民の知恵
■元禄時代、すでに江戸の人口は世界一だった
■江戸時代は完全な女尊男卑の社会
■遠山金四郎は、知事、警視総監、裁判所長の三役
■日本には、共同体を支配する共同体は存在しない
■なにが裏長屋の人情を育てたのか
■魂の再生産のために酒を飲んだ
■「一杯やる」と、仲良くなれる日本人
■おかずを隣りの家に分けるという、美しい日本の風習の精神
■西洋人には理解できない“お流れ頂戴”
■日本の企業は家族意識を基盤としている
■「だまされるほうが悪い」という言葉は日本にはない
■無銭旅行者の巡礼を迎える日本人のやさしさ
■米を炊くのは日本人だけ
■江戸時代すでに、米を九六種類も品種改良した
■きびしい年貢が農業技術を進歩させた
■日本人の無頓着さがスキヤキを生んだ
■「神前結婚、仏式埋葬」は矛盾ではない
■日本の宗教に共通する“先祖供養”



なんというかとても某「今でしょ!」先生好みな感じwww
朝礼ネタブレーンとしてはぜひ手に入れてみたくなりました。

さ~てポチっとな・・・っと(笑)
 
スポンサーサイト

 【誰得】逆流性食道炎の病状報告
2016年10月24日 (月) | 編集 |
胃腸科の処方薬を飲み続けていますが、まだ時折「さしこみ」が痛い。。。
レジに立ってるだけで、背中にまで痛みが広がってツライ。
胃腸科から処方された頓服薬ブスコパン(5回分)はとっくに無くなった。
頓服だけのためにまた胃腸科行くのも時間の無駄なので、ヨドバシで入手。
売っててよかった【ブスコパン】。
これでまた安心してお仕事できます。

実は私の就労契約では、交通費の出ない「徒歩通勤」。
しかし、逆流性食道炎になってからというもの、あまりの背中~腰の痛さに20分が歩けない。
ましてや3~4時間仕事した後、20分歩いて家に帰るなんてまず無理。
というわけで、今はほとんど車で通勤しています。
・・・といっても、会社から駐車場代が出るわけではないので、実費です。
平日は『1日最大600円』のパーキングを自腹で利用しています。
時給45分相当です。
地味にイタイですが、痛みの苦痛には代えられません。
土日祝は30分200円なので、歩けるときは歩きますが、ダメなときはご亭主に送迎をお願いしています。

ご亭主の会社の人も逆流性食道炎だそうで、「完全にストレス」とのこと。
休日(土日)は楽になるのに、仕事の日の朝がキツイ、と。
およめっちもまったく同じです。
休みの日は比較的体調は良いんです。
でも、出勤の日は目覚めた瞬間からツライ。
まるで「新型うつ」が身体症状として出てくるような感じ。
それでも日によっては背中への放散痛もなく、軽い症状で済む日もあります。
しかし昨日は酷かった。。。

18時からの出勤で、店の正面入り口から売り場を抜けてバックヤードへ向かう途中、人・人・人!
レジは全台で大行列になってるし、売り場通路は好き勝手に動き回るお客様がうごめいていて歩きにくいのなんの。
当然、その流れのままレジに入ることになるので、とても給料日前とは思えない忙しさ。
ギリギリと胃に「さしこみ」を感じると同時に、背面へ痛みが広がりました。
ブスコパンもまだ持っていなかったので、痛みに耐えながらの3時間をなんとか乗り切り、帰りにはご亭主に車で迎えに来てもらいました。

できれば早く元気になりたいのですが、逆流性食道炎は完治まで年単位で時間がかかるうえに、再発率90%とも言われています。
今はまだ、肉や固形物は確実に胃もたれするため、うどん・雑炊・バナナ・ヨーグルトなどの胃に負担をかけないものを満腹にならない程度にしか食べられません。
糖分・油・香辛料とカフェインを自制しつつ、根気よく治していきたいと思います。

大腸過敏の方は・・・排泄物の様子を見るに、だいぶ落ち着いてきているようです。
油断せずに胃腸を休めてやりたいと思います。
 
以上、誰得な病状報告でした。
 


 ハンドクリームジプシー。
2016年06月14日 (火) | 編集 |
レジの仕事を始めてからというもの、水を含んだ海綿での札勘定、手洗い時の石鹸やアルコール消毒による手荒れ・爪割れに悩まされるようになりました。
今の時期はまだマシな方なんですが、真冬は空気の乾燥も相まって結構キツかったです。

食品を扱うという職務上、ハンドクリームは無香料が鉄則。
それでいていつまでもベタベタしないもの。
(冷凍食品とか、冷蔵されている飲み物など水滴の付いている商品を滑り落とさないため)

この11ヶ月、職場でも家でもいろいろ試してみました。

●パスタロンM20%
佐藤製薬が出している、尿素20%配合の乾燥性皮膚治療薬(医薬品)です。
我が家にあるのは結構古いやつだと思われます。(今ググるとパッケージが違う・・・)
これは、ハンドクリームとしてはかなりベタベタになってしまうので、我が家では早々に、冬の踵のひび割れ対策用にジョビチェンジしていただきました。
踵には非常によく効きますよ。(塗ったまま歩くと床がヌメヌメになりますけど。)

●ノルウェーフォーミュラ ニュートロジーナハンドクリーム<無香料>
これ、一見するとノルウェーの商品に見えるんですが、実は MADE IN KOREAです。
ニュートロジーナハンドクリーム
いろんな香りが出ていますが、無香料無着色にこだわってMADE IN KOREA承知で買ってみました。
結果・・・・・・ベッタベタでどうしようもないです。
説明書きには「真珠の粒大で十分です」「つけすぎるとベタ付が残ること上がりますのでご注意ください」との記述。
実際に真珠粒大で塗ってみると、クリームが固いので伸びが悪く、範囲的には物足りないのに塗られた部分だけ異様にベタつくという残念な結果に。
これでは水濡れ商品を扱えませぬ。
これは現在は、自宅の水仕事あとや就寝前のお手入れ専門になりました。

●資生堂 薬用ハンドクリーム モアディープ
資生堂薬用ハンドクリーム_モアディープ
これもなかなか優秀・・・と思えば、安定の MADE IN JAPAN
今現在、職場に持参しているのはこのハンドクリーム。
尿素・キシリトール・ビタミンE配合でマッサージパウダー入りです。
容量は30gと小さいので、レジに持ち込むポーチにもすんなり入り、使い勝手は良い感じ。
クリーム自体は柔らか目なので、少量をしっかり伸ばして塗り込めば、余計なべたつきもあまり感じません。
ただ30gはちょっと物足りないかな。
かといって100g位入りのジャータイプにすると邪魔だしw

●ボタニカルフォース美容ハンド&ネイルケアクリームa
ボタニカル美容ハンド&ネイルクリームa
内容量は40g。
実はこれ、セブン&アイファンケルの共同開発品。
ですので、セブンイレブンにしか置いてないんですよね~。(税込927円!)
でもでも!いろいろジプシーした中では、コレが一番良かったんです。
塗った後もすぐにサラサラだし、無香料ではないけれど決して嫌な匂いやきつい香りではないし、1回の使用量はパール粒2個分ですが伸びが良いので40gでも結構もちます。
さすはが MADE IN JAPAN といったところでしょうか。

実は方々からハンドクリームを集めていて、まだまだジプシーの旅は続きそう。
さしあたって待ち構えているのは

●ユースキン ハナ ハンドクリーム 無香料a
ユースキン_ハナ_ハンドクリーム
これも安心の MADE IN JAPAN
ファンケルがようやくなくなったので、明日からユースキンを使ってみる予定。
内容量は50g。


そしてその次に出番を待っているのが
●ドクター・シーラボ エンリッチリフト ハンドクリーム
ドクターシーラボ_エンリッチリフトハンドクリーム
ええ、もちろんこれも MADE IN JAPAN でございますよ。


本当にこればっかりは、肌によって合う・合わないありますからねぇ。
最低3日、できれば1週間使ってみないことにはわからない。
(ニュートロジーナは早々に「足の踵ガサガサ用」になりましたけどw)

仕事のない休みの日は、気分転換でロクシタンのハンドクリームで香料プンプンさせてます(笑)

以上、ハンドクリームについての備忘録でした。
 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。